勇気と希望

3月29日(火曜日)今治道場。
四国大会の参加取り纏めの締め切り日。

小学校新二年生のテンムが元気な「おっす!」で登場。
言いたいことが言えずにもじもじ君のテンム。
「自分で言いなさい。」と母ちゃんの一言で、
「四国大会に行きます。」と元気な声で言えたテンムの四国大会参戦表明!

今までは試合に出ない組、昇級試験受けない組だったテンム、
間もなく春が訪れて新学年を迎えますが、テンムの新たな挑戦。

早速拳法衣を注文しなくっちゃ、
「テンム頑張ろうな!」



基本稽古の後は、防具練習。



この春幼稚園年少組の三歳児のカイト。
カイトの得意技は、「つっぱり!」
カイトは、打たれても打たれても前に前進あるのみ。
四歳児コタロー指導員のライバル、強敵出現です。今後に期待しましょう(笑)


さて、今治拳友会の被災者義援金活動を開始しました。

「被災地の皆さんへ応援メッセージを送りましょう!」
用意した小さなメッセージカードに、子ども達は思い思いの言葉を書き連ねていました。



赤のハート型の義援金箱の「ぎえん金 今治拳友会」の白の字は、小学校新二年生のモモの作品。
お札も小銭も一杯になった義援金箱に、凄く感動しました。

みんなの想いが詰まった赤のハート型の義援金箱を囲んで、
この春小学校新二年生なになるやる菌トリオのN子とR香、新四年生のK人に新中学一年生のK騎。

みんなの想いが、被災地の方々に勇気と希望が届きますように!

「みんなが応援しています。負けないで! 」
スポンサーサイト

記録

3月26日(土曜日)ジーアップ道場の稽古。
学校では終業式が行われ、児童生徒が1年間の学校生活を締めくくり、春休みがスタートしました。

平行立ちで、上段蹴りの左右連蹴り。
30秒間で、何回蹴れるでしょうか?



この春小学校四年生になるK大の記録49回。



小学校新二年生のモモの記録50回。
「あはははは~」な感じで
笑って余裕の順番待ちの四歳児コタロー指導員。
「コタロー、余裕かましてていいの?」

空振りもあったけど頑張ったコタロー指導員の記録は46回。



小学校新四年生のK人と父ちゃん、素敵な笑顔で「おっす!」



小学校新四年生のK人の記録49回。

連蹴りのMVPは、中学新一年生のK騎。
K騎は、少年部主将の意地で記録56回でした。



稽古は、毎回真剣です。

春休みも元気一杯に頑張って行きましょう。

被災者義援金 by 今治拳友会

●東北地方太平洋沖地震被災者義援金の受付について

テレビから流れるニュースに毎日、心が締め付けられる思いがします。
この度の「東北地方太平洋沖地震」で被災地の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を祈念しております。

今治拳友会では、
「東北地方太平洋沖地震」に被災地の方々を支援 するために義援金を募集いたします。

未曾有の大災害において社会的弱者である子ども達が多く被災をしています。
「他人事ではありません。明日はわが身!」

被災地に対し私達も同じ子を持つ親として、少しでも力になれたらと思います。
将来を担う子ども達のために、一人でも多くの子ども達が笑顔になれるように、
皆様からのご協力をお願いします。




子ども達に被災地の皆さんへの応援メッセージを書いて頂きます。
(稽古時には、筆記用具を持参して下さい。)
被災地の皆さんへ応援メッセージを送りましょう!


「優しさ」とは、人の「心の痛み」が分かる心。
義援金募集活動を通じて、少年部の子ども達には、「心の痛み」の理解と関心を深め、「思いやりの心」を育み、心豊かな人間に成長していく一助となればと思います。

集まった義援金は、日本拳法連盟(東京)を通じて被災地に贈る予定にしています。
義援金をお渡しする時、一緒にメッセージカードを添えさせて頂きます。

継続組(続編)

3月24日(木曜日)サンアビ道場。

少年の部の基本稽古。



四歳児コタロー指導員の厳しい指導の目が光ります。(笑)



基本稽古の後は、防具練習。



元気な気合いで「えい!」



稽古の締めは、基礎体力トレーニング。
「拳法を続けたいから、中学校の部活は文化部に入ります。」
と言ったこの春中学生になるテルガの背筋ピン状態の90度!「スゲェー!」

「どうせやるなら、母ちゃんに拳法衣買って貰って、色帯目指して頑張れ!」
とテルガは、元気な返事で「はい!」と俄然やる気満々。(笑)



負けず嫌いのK輝、少年部主将の意地で負けられない。
「気合いじゃ~!」

中学生になっても、K輝とテルガは、日本拳法継続組。
そして、もう一人。
稽古終了後に、R輝が母ちゃんと一緒に元気な顔を見せに来てくれました。
「R輝は貧血気味で学校も拳法も休みがちになりますが、
拳法が好きなので中学生になってもよろしくお願いします。」と母ちゃんの一言。

母ちゃんの一言で初めて知ったR輝の事情。
R輝に「頑張ろうな!」と言ったら、「はい!」と元気な返事を返してくれました。


稽古の翌日は学校の終業式、春休みが始まります。
楽しい春休みになればいいね。
新年度、新学期に向けて、元気一杯に頑張って行きましょう。

継続組

3月22日(火曜日)今治道場。

少年の部の稽古。



防具練習では、子ども達の元気が爆発!(笑)



稽古の締めは、気合いの十本突き。



少年の部稽古終了後は、全員整列。
「今日のお稽古頑張った人は?」って聞いたら、子ども達が元気な声で「はーい!」と挙手。

今日の頑張ったご褒美は、小学校三年生のK人ファミリーから頂いたお土産のお菓子。
頑張った後の、ご褒美のお菓子は、「まいう~。」(笑)


3月は、卒業や入学準備の季節です。
学校、塾、部活など、何かと忙しい中学生にとって、習い事を継続するかどうかを、決断する時期でもあります。
大人子ども限らず、習い事を継続するって、中々簡単な事ではありません。

この春中学生になる少年部主将のK騎がにやにやしながら手に持っていたのは、
中学校の入学祝いに父ちゃんに買って貰った新しい携帯電話。

「館長と同じ携帯にしたよ!」と嬉しそうなK騎。

K騎の携帯電話を選ぶ選択基準は、使い勝手ではなく、館長と同じ携帯が欲しかったらしい。(笑)
K騎は、中学生になっても、日本拳法継続組。
「学校も日本拳法も頑張れ!」


追記
長女が入学する高校の学校招集日。
学校に行ったり、教科書を指定書店に買いに行ったり、入学準備に大忙しでした。
新しい生活に胸がわくわく、そして不安もいっぱい、
充実した学校生活を送って欲しいと思います。

日本のために祈る PLAY FOR JAPAN

「東北地方太平洋沖地震」
世界中から暖かい応援や祈りが届けられてます。



マルセイユ日本拳法部
今治拳友会と友情リンクしているマルセイユ日本拳法部から、



日本拳法連盟フランス支部
日本拳法連盟フランス支部から



「日本のために祈る PLAY FOR JAPAN」

Avec le Nippon Kempo France, nous nous mobilisons pour soutenir les familles des kempokas touche's par les catastrophe.
With Nippon Kempo France, we are helping them to make fundraising.
These fund will be send to the Kempokas' familly whose are affected by the last disasters.

日本拳法フランスの皆さん始め、フランスでも国を挙げての義援金基金の取り組みが始まっています。

フランスからの日本への温かいメッセージ。
皆様の温かいご支援や応援に感謝いたします。

「愛する人を守るために!愛する国を守る為に!」
「アイラブ日本!頑張れ日本!」

合同練習

3月20日(日曜日)は、月が地球に大接近するスーパームーン(supermoon)の日。
スーパームーンとは、太陽、月、地球が一直線になり、地球にもっとも近づく事です。
月と地球の距離が19年ぶりに最も接近し、明るく大きな月を見る事が出来ました。

東温拳友会と今治拳友会の合同練習。



まずはストレッチからスタート。
基本も大事だけど、基本のできる身体つくりも大事だと思います。



身体をほぐした後は、基本稽古開始。



東温拳友会の合同練習初体験組の子ども達も元気に参戦。


少年の部基本稽古の後は、防具練習。



試合形式の勝負練習も行いました。
コートへの入場行進、名前を呼ばれてのコートの入退場、日本拳法の蹲踞の礼等。
ルールは、試合の雰囲気になれて貰うために、時間をフルに使える本数勝負法を採用。

まずは、東温拳友会のマサムネと今治拳友会のコタロー指導員の対決。
元気な気合いで「えい~!」



東温拳友会の初体験組の子ども達も元気一杯に頑張りました。
いつもとは違う場所、いつもとは違う雰囲気、いつもとは違う相手、とても良い経験になったと思います。

みんな元気一杯の充実した合同練習になりました。

「良き友達、良いライバル!」
これからも元気一杯に頑張って行きましょう。

合同練習に参加された皆様、子ども達を応援に来られた保護者の皆様、お疲れ様でした。(*^-°)v


追記
合同練習終了後は、K子先輩の新たなステージへの旅立ちを祝し激励する壮行会。
乾杯の音頭は、自称イケメンこと今治拳友会主将のなおちゃん。
「今治拳友会のシンデレラこと、K子先輩の前途を祝し、乾杯~~!」

K子先輩を囲んで楽しいひとときになりました。

高校卒業、大学入学、新しい旅立ち
お別れは寂しいけれど、新たなステージへの旅立ちを、心から応援してあげたいと思います。

「石巻の友人からSOS!」その後

「Facebook」よりNakayamaさんより、発信されたメッセージ「石巻の友人からSOS!」
皆様より温かいご支援や応援を頂き有難うございます。
その後、メッセージの若干の修正、及び経緯についてのメッセージが発信されました。



「涙を笑顔に、絶望を希望に!」
被災地の皆様どうか希望だけは捨てずに共にこの困難を乗り越えましょう!

下記の通り、転記させて頂きます。



「石巻の友人からSOS!」
※多くの方々からご指導を頂いたので、昨日の投稿文を若干修正、加筆します。

私の友人が石巻のイエローハットで勤めております。
その彼からの叫びです。

現在報道は全くされていませんが
石巻(特に市街地や海側地域)では窃盗が横行しており
ガソリンスタンドもコンビニもガラスは割られているところもありモノが略奪されているところが目立つそうです。

石巻は外国人が多い地域で、現地では「外国人窃盗団では?」との声も多いそうですが100%定かとはいえないとのこと。

さらに許せないのは、女性はに対する被害が出ているという風評が広がっています。

警察を呼ぼうにも人員が全く足りず、正に無法地帯になっているそうです。
(これに関しては3/20早朝に警察増員のニュースが出ておりました。)

個人的な正義を見せようとすれば命に関わることになりかねず
今、地域のみんなで自警団を組織する動きになっているとのこと。

彼からの呼びかけは「この地域の女性は 絶対に一人で行動しないこと!」だそうです。

コレを各避難所や居住者へ徹底したいが
ケータイ電話もマダ通じないそうで声掛けの徹底が出来ていないとのこと。
(これは3/19夜にケータイが通じました。)

もし、みなさんお近くに警察や何かしらの治安部隊のお知り合いか、知り合いの知り合いでもいたら
なんとか石巻へ行って頂けるように頼んでもらえませんでしょうか。

報道関係でも結構です。この現状を知らしめて欲しいのです。
(多くの方から通報やご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。)

彼らはライフラインの心配どころではなく、ひとつ間違うと命が危ない状況です。
(3/20以降は警察が増員されるそうですので一安心ですが、現地ではまだまだ緊張状態だそうです。)

「Facebook」
2011年3月19日 14:52 Yoshikazu Nakayamaさん


「昨日の石巻の友人についての書き込みについて」

昨日ノートに書いてアップした石巻の友人のことですが内容を若干修正を加えました。

文章があまりに感情的で衝撃的な内容になってしまったため

多くの方から
「本当なのか?」
「チェーンメールじゃないのか?」
「100%の確証がない限り削除すべきでは?」
等々のご指導やお問い合わせをいただきました。

facebookでは名前も顔もさらけ出しているので
(更には私もいい年ですし・・)

悪質チェーンメールなんて作ったつもりは全くありません。

しかし、そう取られかねない内容だったことはお詫びします。

だた私は、震災でもパニックにならない慎ましい日本人の姿が美談として先走りすぎていますが

現実は、全部が全部そうじゃない地域があり、大切な友人が怯えながらの
復興生活を余儀なくされていることに憤りを感じ
それをなんとか多くに方に知っていただきたい、救っていただきたいとの思いからの書き込みでした。

今回で、net投稿の難しさを勉強させていただきました。
今後は、もっと注意を払った書き込みを心掛けます。

最後に、応援やご好意をお寄せいただいた皆様
シェアしてくださった皆様には心から御礼申し上げます。

「Facebook」
2011年3月20日 17:26 Yoshikazu Nakayamaさん

石巻の友人からSOS!

世界各国から寄せられる温かい支援の申し出を、一人の日本人として、心から有難いと思います。

「なぜ日本では略奪が起きないのか」

トップニュースで伝えられている米国で、
被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっています



温かい支援や応援のニュースの裏には悲しい現実。
報道はされていませんが、外国人窃盗団による略奪や性犯罪などが横行している事が解りました。
被災地での犯罪は、人間として絶対許せない事です。

事態の収拾を願い、Facebookの記事を転記させて頂きます。

石巻の友人からSOS!

私の友人が石巻のイエローハットで勤めております。
その彼からの叫びです。

現在報道は全くされていませんが
石巻では外国人窃盗団が横行しており、ガソリンスタンドもコンビニもガラスは割られ、
モノは略奪されメチャクチャに荒らされているそうです。

もっと許せないのは、女性は性的被害に遭っているというのです。

警察を呼ぼうにも人員が全く足りず、正に無法地帯になっているそうです。

個人的な正義を見せようとすれば命に関わることになりかねず
今、地域のみんなで自警団を組織する動きになっているとのこと。

彼からの呼びかけは「この地域の女性は、絶対に一人で行動しないこと!」だそうです。

コレを各避難所や居住者へ徹底したいが、
ケータイ電話もマダ通じないそうで、声掛けの徹底が出来ていないとのこと。

もし、みなさんお近くに警察や何かしらの治安部隊のお知り合いか、知り合いの知り合いでもいたら
なんとか石巻へ行って頂けるように頼んでもらえませんでしょうか。

報道関係でも結構です。この現状を知らしめて欲しいのです。

彼らはライフラインの心配どころではなく、命が危ない状況です。

更に心配なのは、この窃盗団が石巻を食い尽くした後、
違う町へ移動するのではないか・・・ということです。

直ぐにでも飛んでいきたい気持ちですが、私一個人が対処出来る術もなく・・・
こうして皆様のお力をお借りしたくお知らせさせて頂きました。

ホントにだれか助けて下さい。


追記
「Facebook」は、実名によるユーザー登録を基本とするSNSです。
2011年3月19日 14:52 Yoshikazu Nakayamaさんからのメッセージです。

追記2
皆様より温かいご支援や応援を頂き有難うございます。
その後、メッセージの若干の修正、及び経緯についてのメッセージが発信されました。
「石巻の友人からSOS!」その後
被災地の皆さまに、一刻も早い救助と援助、そして復興を心よりお祈り申し上げます。

日本への祈り-世界からの応援メッセージ-東日本大震災

東北地方太平洋沖地震、
世界各国からの応援. 世界中から、支援や応援メッセージが日本に届いてます。
そんな世界各国の人々の想いと共に、一刻も早く日本に平安が訪れますように。

日本拳法連盟の活動を応援する為に立ち上げたFacebookのファンページ。
「日本拳法連盟 NIPPON KEMPO RENMEI」
ファンページのウォールに中央大学拳法部OBの増田さんより、メッセージが届きました。

私達も自分達にできる事をしっかり頑張って、日本という国を支えて、日本という国が元気になるように頑張って行きましょう。

下記の通り、メッセージをご紹介させて頂きます。


[日本拳法連盟 NIPPON KEMPO RENMEI]



日本拳法連盟 NIPPON KEMPO RENMEI
私は高校、大学と日本拳法を学び、現在は海外留学中の増田修士と申します。
今回の大災害に対して、海外から出来ることはないか?と考え、この活動を始めた次第です。

この活動はMixi, facebook, Twitterで集められたメッセージをFM大阪のMUSIC COASTERという番組を通じて日本の皆さんへ届けよう!というものです。
それ以外にも言葉での精神的な支援を考え、多くのことを計画しております。未だ全ての用意が整ったわけではございませんが、多方面への告知をし、現在は翻訳メンバーの獲得へと動いております。
メッセージを書いていただきたいのはもちろんのこと、皆様の周囲の方、そしてその周囲の方々へも拡げて頂ければ...幸いです。是非ご協力くださいませ。


[日本への祈り-世界からの応援メッセージ-東日本大震災]



日本への祈り-世界からの応援メッセージ-東日本大震災

【初めに・・・・】
この度の『東日本大震災』で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深く心よりお悔やみを申し上げます。

この活動は東日本大震災をカナダで知った増田修士と、日本でラジオの番組パーソナリティーをしている遠藤淳とで、「海外の人間と、マスコミ業界で仕事をしている人間」とで『何か東日本大震災の被災者の方々、そして日本でへ支援を出来ないか?』と企画し、
『世界中からのメッセージを日本のラジオを通じて被災者の方々へ届ける』という活動をカナダにいる日本人留学生である 宇田 偉、片伯部 亮、北島 竜平、辻樹、徳田 裕、中村 慈子、松崎弘之、を初期メンバーとして活動を始めたものです。

今後、この活動で集まった世界中の人達からのメッセージを、ラジオを通じて伝えて行きたいと思います。




【私達の言葉】
今回の震災に関するニュースは、ここカナダでも連日の様に報道されています。様々なチャリティーイベントや募金活動が、海外に住む私達の周りでも始まっています。
日本の為に少しでも力になりたい思い、ソーシャルネットワーキングを通じて活動を始めました。世界中の人々からのメッセージを集め、被災者の方々、そして日本中にメッセージを届けたいと考えています。

この活動は、Facebook, mixi, Twitterで書かれたメッセージがFM大阪 の[MUSIC COASTER∞]を通じて日本の皆様に届けられます。
プロフィール

航

Author:航
 愛媛県今治市で活動する日本拳法の道場 今治拳友会※(今治市スポーツ協会 種目協会 2012.5.)(日本拳法今治スポーツ少年団)です。
 日本拳法を通じて青少年の健全な精神と身体を育成する事を目的として活動しています。

 「やる気!」「勇気!」「元気!」
 今治拳友会

”Motivation” ”Courage” ”Energy”
 Imabari Kenyuukai.
日本拳法 今治拳友会

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR